<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【練習の効率を上げる】サックスの上手な練習方法とは?メニューについて

レッスンの詳細、お問い合わせは今すぐこちらをクリック!▼▼▼▼▼

d0192284_01435446.jpg



皆さんこんにちは!!
登るサックスのGentle山本です。
10月の連休いかがお過ごしでしたか??
サックスの練習ははかどりましたか??
私は最近買った新しいカメラで写真を撮りまくっていました!!




d0192284_14185962.jpg






前回の記事に引き続き今回も【普段の練習】について考えていきましょう。
今回は練習のメニューと意
味合いについて考えたいと思います。
というのもレッスンをしていて、なかなか上達が見られない原因の一つに




練習はしているけども内容が薄い



という事があるようです。
内容が薄いとはどういうことでしょうか??






A,そもそも基礎練習をしていない

B,基礎練習をやる意味、練習の目的を理解できていない

C,曲を吹いて間違えた事の反省が生かされていない

D,基礎練習をやっただけで満足してしまう





多かれ少なかれ思い当たる節はあるのではないでしょうか?
Aに該当しているだけならまた改めて練習の仕方を改めればすぐに
上達するでしょう。








私のブログやYoutube、実際のレッスンを受けたことがある方なら
分かると思いますがサックスの上達の一番基本的な事はブレスです
すべては呼吸法を基本にしてほかのテクニックが派生していきます。




呼吸法がしっかりとできていなければすべてのバランスは崩れてしまい
サックスの発音やコントロール、演奏のクオリティは上げる事が出来ません。
そういう意味でB〜Dの項目を反省してみてください。



★ロングトーンについて考えてみましょう

たとえサックス歴50年のベテランでもロングトーンはやり続ける
べき練習方法です。
初心者の方が気をつけるべきポイントとしていくつか挙げるとするなら





1、 吹き始める前にきちんと息をすえているか??
2、 8拍のロングトーンなら最後まで息を一定に吹けているか??
3、 音量を一定に保って演奏できているか??







基礎練習の効果的な練習方法とはこれらをきちんと練習しているときに


リアルタイムで反省し改めていくことです


基礎練習を終えて曲の練習をしたら曲の中で出来ているかをチェックします。
できていなければその反省を思い出しながらまたロングトーンに戻ってきて
練習する。この繰り返しで成長していきます。







次回の記事では具体的な練習メニューの意味合いと気をつけるべきポイントについて
書きたいと思います。
d0192284_14181055.jpg









本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif


レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg
















d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2015-10-16 18:00 | 楽器について | Comments(1)

【サックスの練習時間は?】サックスを効率よく上達するコツについて考える①

レッスンの詳細、お問い合わせは今すぐこちらをクリック!▼▼▼▼▼

d0192284_01435446.jpg



こんにちは走るサックス改め!


登るサックスGentle山本です


「仕事が忙しくてなかなかサックスの練習時間が取れません、、、。」


このようなお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか??
プロになるならないは別としても最低限、楽器のコントロールを
思い通りにできるようにするうえで

一定量の練習は必要です。




しかし今回のブログで声を大きくしてお伝えしたいことは
練習量といっても


継続的に、定期的に行うことの重要性です。





ではサックスの練習あるいは楽器の練習について
計画の立て方を一緒に考えていきましょう。



A、1週間になんかい、 何時間くらい練習していますか?

B、1回の練習は何分間ですか?

C、1つの練習メニューを何回くらい、何分間くらい取り組みますか?



上記の質問はすべて時間を基準に練習を考えています。
いかがでしょう??
こうして質問されて正確に答えようとすると普段の練習内容が
結構あいまいだと感じるのではないでしょうか??



私のレッスンに通っている生徒さんにお聞きしても
みなさんお忙しい中でご自身の練習頻度に関しては
「練習が足りていない」と答える方がほとんどです。



でもそれは仕方がありません。
環境や時間的都合は一人ひとり違うのですから。
私のレッスンでもそれに関しては何も言いません。



私のレッスンでは生徒さんにはこうお伝えしています。



★1週間に2時間程度練習してください。


これで十分です。
逆にお仕事をしている方でこれ以上できる方は少ないと思います。
ただし確実に行うことで積み重ねはやがて大きなものになります。


1週間に2時間 × 4週間 = 8時間 / 月


現状これを年間単位で考えて確実に、100%実践できている人は
少ないのではないでしょうか??
一応補足として1か月の中でばらつきがあっては意味がありません。
確実に週2時間やる方が効果的です。



私のレッスンでお話ししていても、
発表会が近くなると急に練習量が増える方がほとんどです。
まあ、当たり前の事なんですがそういう練習の仕方は結局発表会や本番が
終わったらやらなくなってしまって最悪、せっかく身に着けた技術も
忘れてしまいます。



最終的にお仕事をしている人は、サックスを練習するのに時間とエネルギーを割くのは
大変なことはよくわかります。
だからこそ重要なことは


ちょっとずつ、少しずつ、小さなステップアップをしていく


これが大切だと思います。
発表会前に焦って練習するのはそろそろ卒業しましょう!!



それでは次回は練習の内容とコツ
効率的に上達するために気をつけるべきことについて書きます!!

横浜、都内に直接レッスンに通えない方は以下の
サックスレッスンオンラインをごりようください!!










本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif


レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg
















d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2015-10-12 18:03 | 楽器について | Comments(0)

【リードの寿命】サックスのリードはどれくらい使う?

レッスンの詳細、お問い合わせは今すぐこちらをクリック!▼▼▼▼▼

d0192284_01435446.jpg

皆さんこんにちは!!
本当に本当に毎度の事ですが、不定期かつ久しぶりの更新で申し訳ございません!!
サックスの練習ははかどっていますか??



最近私は新規の生徒さんが増えてきて、
レッスンでも新鮮な気持ちで一緒に練習させてもらっています。
今日はその中で特に質問の多かった事、、、


リードの寿命



について書きたいと思います。
ちなみに皆さんはリードをどれくらい吹いたら捨てますか??
あるいは破棄する時の判断基準はありますか??
まずリードを捨てるについて考えてみましょう!!



Q1そもそもなぜリードを捨てるのか??

それは良い音が出ないからです。
リードが良い音が出ない状態とはどんな状態なのでしょうか??
それはコシがない状態です。
吹奏感の問題もありますが私の経験では吹きやすいけど
音が悪いリードはありません!!
つまりこれはシンプルな話

吹きやすいリード=良い音が出るリード




しかし!

よくある勘違いが、薄いリードやコシの無いリードを吹きやすいリード
と勘違いをしてしまう方が非常に多いです!!
コシ(=心地よい抵抗感)は必要なのです。

「のれんに腕おし」といいますが、、、

自分の体重(ブレス)を預ける壁(リード)があまりにも柔らか(コシがない)かったら
体重(ブレス)をかけられないですよね??
ということはそもそも息が入らない=音が悪い
ということです。
つまり柔らかいリードの方が良い音を出すのは難しいはずなんです。




Q2,コシとは何か??

これはとても難しいことですね??
7割くらいの音量を出した時に一番心地よいブレスと抵抗感を感じる。
ここで重要なのはある程度のブレスの安定性がないとこの判断がつかないということです。
つまりはしっかりとしたブレス(呼吸法)とサックスを鳴らすイメージが
ないとコシを感じる事が出来ません。極端な話をするとコシが無くなったらそれが
リードの寿命なのです。そしてリードは常に変化していきます。
その変化の仕方も吹き方や、保存方法によります。
一週間に一度吹くかどうかの人と毎日吹く人とではリードにかかる負担も違うのは
当たり前です。



Q3,ブレスとコシの関係

リードの性質においての表現として、

抵抗感、厚み、カット形状(アメリカン or フレンチ)、銘柄

等があげられます。
リードのコシをあらわす形容詞はひとつもありません。
つまりコシとはどんなリードにも最初はあるしそのリードの鮮度といっても
良いかもしれません。
たしかに分厚いリードは腰も強いですが、薄いリードにもコシは存在します。
ですが分厚いリードにコシが10ポイントあるとしたら、
薄いリードには6ポイントしかないといっていいでしょう。
でも初心者が分厚いリードで安定した音を出すのは難しいです
それではどうしたら良いのか??
薄いリードには薄いリードなりのブレスコントロール
分厚いリードには分厚いなりのブレスコントロールが必要になります。






結論は、、、??



ここまでお読みになって薄々感じているとは思いますが
人によって、あるいは頻度によって、吹き方によって、
そもそもリード一枚一枚によって、コシの変化は様々です。
ですからリードの寿命を考えるうえで期間や時間で考える事は
できないのです




まずはリードのコシとは何かを感じる様に
たくさん練習すること、
自分のブレスによって、保存方法によって、銘柄や暑さによって
コシは変わってきます。
コシの変化を判断できるようになることがリードの扱いがうまいということです。






以上の事を踏まえてもやはりリードの寿命について期間で判断する
大雑把な基準がほしいですよね???



ブレスのしっかりしていない初心者の方で1週間に1度、2時間程度の練習をした場合。
アンブシュアが力んでしまって過剰に力が入ることもありますよね。
何度も音が裏返ることもありますよね??
リードケースに入れる時に水分とらずにそのまましまうこともありますよね?


それらを考慮した上で、、、、



新しいリードをおろしてから
約2か月を目途にしてください。





ここまでお読みになっていただいたらもうお分かりですね??
期間的なリードの寿命を考える事がほとんど意味をなさないことを、、、









本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif


レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg
















d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2015-10-05 22:00 | 楽器について | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

【横浜 Jazz Live】..
at 2017-08-07 19:16
ジャズサックス初心者のための..
at 2017-08-02 22:53
【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14
【サックスアンブシュア】サッ..
at 2017-01-22 22:18

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月