<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

【サックスリード調整方法】リードには吹く人の癖がつく!?基礎練習をするとリードにも良い影響がある!

★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!


こんにちはGentle山本です。
前回に引き続きサックスのリードに関する記事を書きたいと思います。
前回、前々回の記事ではリードの簡単な調整方法や保存方法について
お伝えいたしました。
サックスのリードはもともと植物(ケーン)の茎ですから繊維があり
中には水分が含まれています。それが振動するわけですから上手にその
状態を管理してあげる事が楽器の音質向上にもつながりますし、
演奏者の負担も減ります。


そうする事であなたがサックスを吹く時によりリラックスして演奏する事が
できます。
結果的にイメージ豊かに艶やかで深みと色気のあるサックスの音色を奏でる事が
出来る出来るでしょう!



今日は実際の練習方法とリードの関係性について書きたいと思います。
普段練習したりライブで演奏する時にそんな事考えませんよね??
それで良いのです。

なぜならサックスにとって=演奏者にとって

自然な吹き方=リードにとって良い吹き方

と言えるからです。


具体的名ポイントを挙げるとすると、

★必要以上に噛まない事
★必要以上にしゃくり上げたり激しいビブラートなど
★ブレスを安定させる事
★極端にブロウしないこと
★楽器を鳴らすよりも響かせる事
★リードのダイナミックレンジを理解する事
 リードの厚みによってレンジの広さが異なります。音量に幅を持たせたければ
 厚いリードを選びましょう。ですがそこでリードを噛まないと音がでないようであれば
 あなたのブレスのコントロール力がまだ充分でない可能性があります。
 という事は薄めのリードでしっかりとブレスでコントロールできる様に
 練習をする必要があります。

★リードの一枚一枚の個性を感じる事
★鳴りにくいリードを無理に吹こうとしない事


以上の事はやってはいけないという事ではなく、
これらを多く演奏すると「リードにく癖がつく」という事です。
リードに癖がつくと音が裏返りやすくなったり倍音がでなくなったりします。


逆に考えれば「良い癖をつけたリード」は


★倍音が豊かに、
音色もつややかで深みのあるサウンドがだしやすい



リードを意識してロングトーンをする必要はありません。
良い音をだすのが目的ですから。


ですがリードの癖という観点から見ても
基礎練習の効果や意味が非常に大きいという事が良くわかります。
今日からあなたも「リードを育てる」つもりでロングトーンをやってみては
いかがでしょうか??







本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-29 08:00 | 楽器について | Comments(0)

【リードを保存する】サックスのリードは3ヶ月保管で変わる!常に当たりリードだけを使い続ける方法!

★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!
d0192284_19310718.jpg

みなさんこんにちはGentle山本です058.gif003.gif
Saxを練習していてなんだか調子がいいときと悪いときってありますよね?
もちろん自分の体調が良い悪いももちろんあるでしょうし楽器のバランスも
あるでしょうし、いろいろな状況があると思います。



でもそんな時に私が一番最初にチェックする事は
何といってもリードの状態です。


天然の植物=(ケーン)をカットする事で作られるリードですから、
湿度や水分の量、リードの状態、温度などの影響をもろに受けています。

リードは常に変化し続けるもの


これは仕方が無い事です。
ですが最近のリード事情から少し懸念されるのはサックスを
演奏する人口が増えたためにリードの需要が増えました。
それにより生産が追いついていない現状があります。


実際にリードメーカーの多くがリードの梱包方法が変わったり、
カット方法も変わってきています。
現在発売されている各種リードのモデルも10年前、20年以上前のものとは
大きくカットの形状が変わっていたりします。



結論から書くと、メーカー側でリードの生産行程の一つである保存期間を
省略しているそうです。
これがどの程度かは分かりませんがいわゆる「当たりリード」が昔に比べて
少なくなったのはこのためだと思います。



という事でここからが本日の本題になります!!
私たちプレイヤー側でリードのポテンシャルを引き出す方法があります。
それは

★リードをなるべく長い期間寝かせる


そのための方法として、

1、リードを何箱かまとめ買いする(出来る範囲で良いです)
  ここで買った日付などを箱に記入しておくと良いでしょう。
  
2、一度全てのリードを軽く吹いてみて即戦力として使えそうなリードを
  抜き取ります。近々の練習や演奏ではこの時に選んだリードを使用します。

3、残ったリードはまた箱に戻して保管する。
  保管期間は最低3ヶ月以上。

4、上記の方法で保管しておいたリード(3ヶ月以上たったもの)を
  また吹いてみますと、また使えるリードがあります!!
  これらをまた使用していきます。



例えば最初に3箱のリード(5枚入り)を買った場合15枚ですね。
15枚中3枚が当たりリードだったとしたら残り12枚を三ヶ月保管します。
1〜4の行程を何回か繰り返せば常に良いリードを使い続ける事が出来ます。

リードの保管はお菓子の箱や段ボールなどが最適です。
風通しの良い、湿気の少ないところで保管しましょう!!


湿度の高いところや密閉した容器などは逆効果ですので
やめましょう。



まぁ、これは私なりの方法ですのでこのブログを読んでいるみなさんも
自分にあった方法を見つけてみてください。
ポイントは3ヶ月保管と常に当たリードを使い続ける事です!!



p,s,以前の記事ですが「リードのポエテンシャルを簡単に引き出す方法」で
紹介したリードの調整方法についての動画を作成しました。
もしよろしければご覧ください!!






本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-25 19:52 | 楽器について | Comments(0)

【レスターヤングについて熱く語る!】Swingは言葉では言えない!でもミュージシャンの命である!!



★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!


本日はわたしのバンド(スイングジャズ)のライブでした。
写真を撮り忘れたので写真なしです。
ジャズと一言で言っても本当にいろいろあります。
私が好きなのは1930年代のジャズ=デュークエリントンやカウントベイシー、
レスターヤング、ジャンゴラインハルト、ステファングラッペリなどなど。


もう少し後の時代=1940年代にチャーリーパーカーやディジーガレスピーなどが
現れてビバップとなり50年代はハードバップなど、、、
もちろん編成や地域、ミュージシャンによって個性やスタイルはさまざまです。


そんな中でも私はやはりレスターヤングの演奏に特別な思い入れをもって
聞いていますね。レスターヤングの魅力を一言で言うなら、、、

まさにSwingです!!

スイングって言葉や文章では説明し辛いのですが、
ジャズミュージシャンにとってはSwing=命みたいなものかな。
実際譜面をみてみるとレスターヤングの演奏内容なんてアルペジオとルートの
繰り返しなんです

でもスイングとはそれでもその演奏がカッコ良くなる命なんです。
レスターの場合はあえて変なところにアクセントを付けてみたり、
繰り返しのフレーズを普通より長くやったり突然止まったり。。


そしてスイングするために一番重要な事。
それはバッキングとのコミニュケーションなのです。
サックスに限らずソロイストがスイングしているってことは
実はバンド全体がスイングしているって事なんですね。


というわけでブログ記事でスイングを伝えるのには限界があるのでレスターの
サックスを堪能できるオススメアルバムをご紹介します。


★Bluelester
d0192284_02344532.jpeg
★Count basie decca recordings
d0192284_02354994.jpeg
どちらのアルバムもスイングしまくったのりのりレスターヤングを聞けます。
特にベイシーバンドでのレスターはスゴいですよー。
youtube動画も貼付けておきますのでよろしければお聞きください!!











本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-24 08:00 | JAZZ名盤のご紹介 | Comments(0)

【超初心者へ】サックスどんな楽器?どうやって音がでるの??

★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ジャズサックスに憧れている、むかし吹奏楽をやっていた、
楽器なんてやった事も無いけどとにかくサックスをやってみたい!
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!


こんにちはサックスレッスンのGentle山本です。
6月はブログリニューアル記念「生徒募集月間」としてお得な
レッスン2時間プレゼントを開催していますのでこの機会に
サックスレッスンをご検討の方は是非お問い合わせください。


本日は初めてサックスを手に入れた方がまず「最初の壁=音だし」についてと
サックスという楽器の紹介をしたいと思います。


★サックスの音はどうやって音がでているの?
d0192284_03214699.jpeg
1、マウスピース(演奏者がくわえるところ)
2、リード(ケーンで出来た小さな板状のもの)、
3、リガチャー(マウスピースとリードを留めておく金具)


これらを写真の様にセットしてマウスピースをくわえます。
そして息を吹き込みます。
最初のうちはここで変な音がでたり、そもそも音がでなかったり、
と上手くいかないと思います。


ですがご心配はいりません!!


サックスは管楽器の中で一番簡単に発音できる楽器なのです。


そういうコンセプトで作られた楽器なのです。
ここでサックスを初めて触る人が音を出しやすくするためのポイントを
ご紹介します。

1、リードを濡らしましょう
2、セッティングする時にリードが出過ぎていないか?
  曲がっていないか?を確認しましょう。
3、サックスを吹く前に深呼吸してみましょう
4、初めから「良い音」を出すのではなく力を抜いて
  「ながーく息をゆったりと入れて徐々に入れていきましょう」



いかがでしょうか??



少し話がそれますが、サックスという楽器の正式名称は
Saxophone=サキソフォーンです。
発明しました。

実はサックス以外の管楽器(クラリネットやトランペット、フルート、、、、etc)は
もっともっと古い歴史を持つものばかりなのです。
400年からフルートに至っては1000年前にも原型となるような楽器が存在していました。
そういった経緯からクラシックのオーケストラにはサックスが編成されていませんね。


そんな中でアドルフサックスさんは考えました。

「クラリネットに近い音色=温かくて深みのある音がでて、
 トランペットやコルネットの様に金属製で大きな音が
 簡単に出せる楽器が出来たら良いなぁ。。。」


それがまさにサキソフォーンという楽器でした。
こうして作られたサキソフォーンの他の楽器との大きな違いは


1、大きな音が出せる

2、指使いが簡単
(クラリネット、フルート、トランペット、トロンボーンと比べて)

3、音色が豊かである
 (開管構造というサックス独特の形)

4、パットを使う事で誰でも簡単に穴を塞ぐ事が出来る
 (それによりソプラニーノからバスサックスまで幅広い種類のサックスを
  作る事が出来た)



というわけでサックスの事もっと知りたくなりました??
また、今もうすでにある程度吹けている方で伸び悩んでいる方も
一度、サックスという楽器についてよくよく知ってみるとまた
新たな魅力と発見があるかもしれませんね。


私のレッスンではそんな楽器のお話からサックスも
交えながら楽しく学んで頂いております。
また次のブログでサックスの事について書きたいと思います!!


d0192284_04014592.jpg



本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-23 08:00 | 楽器について | Comments(0)

【ロングトーン】アンブシュアを改善するロングトーンのコツ

★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!

d0192284_15053182.jpg
さてみなさんサックスの練習は捗っていますか??019.gif
私は今夜ライブがありますのでこのブログを書いた後早速練習に行こうと思います。


先日、アンブシュアで噛みすぎないコツについて書いた記事のアクセス数が
なかなか良くて多くの方に読んで頂けた様です。
みなさんアンブシュアについて悩んでおられるのでしょうか。
私自身もアンブシュアについてはまだまだ研究中です。


私の経験上、アンブシュアはライブをやっている時、
必要な音色が明確になった時に一番良い力加減にてきている気がします。
ですからもっとも重要な事は自分の出したい音が明確にイメージできている
という事なんだと思います。


ですから方法論ばかりに気持ちが行きがちですが、
自分がやろうとしている事を明確にするという事について
よく考えてみる事も大切ですね。



それでは私のオススメの練習方法についてご紹介します。

★跳躍ロングトーン

跳躍していればどんな音でも構いません。例えば一番シンプルなのは
オクターブの跳躍でロングトーンをします。

EX)テンポ=60にて4拍4拍で吹きスラーで上がる
  ソ→ソ(オクターブ上)ラ→ラ(オクターブ上)〜

この時にアンブシュアは常に低い方の音で加えている力加減を
キープします。何回か続けていくとコツが掴めると思います。
高い音を出そうとするのではなくアンブシュアをキープする事に
意識を集中する事。そして喉とブレスでコントロールしていく様に
していくと上手にできるでしょう。



★オーバートーン(第1倍音のみ)

EX)テンポ=60にて4拍4拍
  最低音B♭→B♭(第一倍音にてオクターブあげる

跳躍のロングトーンと基本的な内容は変わりませんがより
喉のトレーニングの要素が強くなります。オクターブキーは使わないでください。
慣れてきたら半音ずつあげてください。オーバートーンの練習のときは特に
アンブシュアに力が入っていると上手く音が出せないと思います。
どうしても音が出せないときは息のスピードを上げてみてください。
この練習が上手にできてくるとサックスの全音域でオクターブキーを
使う必要がなくなります。




この練習方法もなかなか文字だけではなかなか分かり辛いところも
あると思います。もし不明な点やご質問などございましたらコメント、
メール、レッスンのお問い合わせなどお気軽にどうぞ!!
それではまた!!






本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-21 15:40

ブログリニューアルにつきサックスレッスンのお得なキャンペーン実施中!!

★5/24(土曜日)〜6/15(日曜日)の期間中にレッスンに入会
 して頂いた方は、、、、、



Lesson2時間

プレゼント!
d0192284_01435446.jpg


ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!


こんにちはGentle山本です!
当ブログも立ち上げから4年が経ちました。
読者の皆様にジャズサックスに関する有益な情報をお届けできる様
これからも頑張っていきたいと思います。
まずは見た目からという事でヘッダーをリニューアルしました。
またレッスンのお問い合わせへのリンクも貼りました。
これでよりお問い合わせがしやすくなりました。



また去年から
動画でのレッスンや音楽、サックス、マラソンに関する情報を発信しています。
動画をご覧頂く事で私Gentle山本のキャラクターや人間性や雰囲気を理解して
いただき気に入って頂いた上でレッスンのお問い合わせもして頂けたら幸いです。



こちらのチャンネルは登録者数が85人(H26年5月現在)とまだまだこれから
ですが徐々に増えています。
こちらのブログと連動した動画も少しずつ増やしていきたいと思っています。
そしてこれは私の目標でもありますが、Youtubeとこのブログともに
コメントやメールなどによる読者様とのフィードバックをしていきたいと思って
います。



本日は毎月開催しているサックスアンサンブルの練習会でした。
来月には鎌倉市内の老人介護ホームにて演奏会があります。
こちらのサックスアンサンブルも常時受けつけておりますので
お問い合わせフォームからお気軽にメールをお送りください!!



d0192284_02503211.jpg








本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-19 20:39 | Lesson料金&場所について | Comments(0)

【サックスを始める?】音楽経験が無いけどおしてもジャズサックスをやってみたい!?

d0192284_01435446.jpg

ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!



Gentle山本Jazz Sax Lessonはこんな人にオススメです。

★楽器未経験、超初心者、ブランクがある、40歳以上で初めてサックスに挑戦!?
サックスに憧れている方で未経験だったり、楽譜の読み方も何一つ分からない
そんな方は意外と多いのではないでしょうか?
私自身もどちらかというと不器用な人間ですし、楽器の技術を習得するのに
かなりの遠回りをして来ました。ですが今では初心者の方の気持ちが
良くわかるという点で無駄ではなかったと思います。

楽器をお持ちでない方は是非、買う前にレッスンのご相談をお願いいたします。
私が楽器の選び方や割引できるお店の紹介をさせて頂きます。




★ある程度演奏できるけれど音色を良くしたいとお考えの方
サックスの技術はどれも大切ですからムラがあってはいけないのですが
とりわけ音色が良くなければやはりサックスの魅力は半減してしまいます。
呼吸法に始まり、リードやマウスピースのセッティングやイメージ、
姿勢、音楽の聞き方や演奏時の心構えに至るまでを徹底的に指導する事で
音色は必ず良くなります(自分のイメージに近づきます)。
この部分に関しては自分でも一番こだわって研究しました。
ですから音色(ピッチやアンサンブル、響きやアーティキレーション)で
お困りでしたらぜひ一度お問い合わせください。




★基礎練習のやり方をきちんと学びたい方

私は基本的にはジャズ専門ですが自分の楽器の技術向上や視野を広げるために
クラシックのエチュードに取り組んできました。
また実際にクラシックの方について指導を受けた期間もあります。
ですから楽器の基礎練習に関してキチンとした方法を教える事が出来ます。
また、基礎練習は音楽の才能があろうとなかろうとやった分だけ自分の
肥やしになります。ですからきちんと取り組んで頂ければ
誰でも効果が現れます。(もし効果がないのであればやり方が間違っているか
取り組み時間が足りていないかです)



★音楽を(サックスを)楽しみたい方
当たり前ですが、音楽は楽しいからするものです。
レッスンに対しても義務感や劣等感などネガティブなイメージを
もってするとしたらそんな悲しい事はありません。
少なくとも私のレッスンで一番大事にしている事は「音楽を楽しむ事」です。
基礎練習なども一時的に音楽の厳しさに直面する事もあるかもしれませんが
そんな瞬間にも私と一緒に練習して頂いて、私が励まし、背中を押し、
一緒に音楽を楽しむ仲間として有意義な時間を過ごして頂ける様に
全力を尽くしています。生徒さんの前向きな気持ちを最大限プッシュアップ
出来る!!そんな楽しいレッスンをしていきたいと思っています。





本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-17 08:00 | 講師Gentle山本プロフィール

【音の悩み】サックスの高い音から低い音への跳躍が上手く行かない時は?!

d0192284_01435446.jpg

ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!


こんにちは!
先日、Youtubeの動画をご覧頂いた方よりメールを頂きました。
その内容としては、


「サックスの高音から低音への跳躍が上手く出来ない事」について
アドバイスを聞かれました。このような悩みは私も経験した事がありますし、
レッスンしていてもこのようなケースを指導した事が何度もありました。
きっとこのブログを読まれている多くの読者様も経験した事があるのでは
ないでしょうか?
当ブログでは原因と解決方法(練習方法)にしぼって書きたいと思います。



原因その1
アンブシュアがキツすぎる。
最初はだれでも通る道ですがブレスを意識したロングトーンや
オーバートーンを行う事で自然と適した力加減を覚えていけると思います。
ただしブレスを意識して練習しない限りはアンブシュアの解決には
繋がりません。またアンブシュアというと口の筋力だけでマウスピースと
リードを支えようとするようなイメージしがちですが、、
すこし角度を変えて、顔全体の筋肉をつかって見ましょう。
そしてリードに対するちからも唇の力で押さえるのではなくて
楽器の重みを利用してリードに力を加えてみましょう。そうする事で
演奏する時に必要以上に力まなくてもきちんとアンブシュアをする事が出来ます。



原因その2
ブレスが安定していない。
あるいはブレスのイメージや性質が理解できていない
まず、ブレスについての3要素から説明します。

息のスピード、息の量、息の方向

以上の3要素にわけて考えて練習しましょう。
ブレスとは空気の流れですのですし口の中の事は見る事が出来ません。
息を水に置き換えてイメージしていくと分かりやすいと思います。


高音:息のスピードは速くかつ量が少ない
低音:息のスピードは遅くかつ量が多い

これを踏まえて高い音と低い音を吹く時のブレスコントロールを
してみましょう。



原因その3
リードが合っていないorリードに悪い癖がついている
初心者の方にありがちなのはリードの管理にあまり気を使わないケース。
あなたが何回か吹いたリードはあなたの息やアンブシュアの癖がつきます。
その状態でいくら練習してもやはり同じようなミストーンがでやすくなっています。
ですから安定して音が出せる様になるまではある程度見切りを付けて
常に良いリードで練習する様にしましょう。
また、明らかにリードが厚すぎたり薄過ぎるのも練習としては効率が悪いので
自分にあったリードを見つける事も速く上達するポイントです。



★オススメの練習方法

オーバートーンの練習が非常に効果的です。
ただし最初のうちは第1倍音(オクターブ上の音)が出せれば充分です。
つまりオクターブキーに頼る事無く喉のコントロールだけでサックスのレギュラーの
音域はすべて音を出す事が出来る様になります。


そしてオーバートーの練習の時に最低音(B♭)を出した時のアンブシュアを
良く覚えておいてください。
この時のアンブシュアがサックスを吹く時に一番リラックスできているはずです。
逆に言えば最低音b♭〜C当たりまではアンブシュアが緊張していた場合、
音がキレイにでないはずです。
この辺の音がキレイに出せて第1倍音をコントロールできる様になれば
きと全ての音域でアンブシュアが適正に保たれて安定した演奏が出来る
と思います。


本日の内容は文字だけではなかなか伝わり辛いと思います。
なにかご不明な点がございましたらお気軽にコメントやメールを
お送りください。また以下のレッスンお問い合わせフォームにて
ご質問いただいても結構です。




本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-16 08:00 | 楽器について | Comments(0)

【新設】ジャズサックスアドリブ理論コースについて

d0192284_01435446.jpg

ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!




★アドリブ理論コース¥5000/1人(約1時間)

ジャズのアドリブを演奏するために

必要な楽典、音楽理論を講義形式で説明いたします。

今まではジャズのアドリブに挑戦したくてレッスンを受けてくださっていた方々には
通常のレッスン時間の中で資料を用いてこれらの理論や楽典について解説していました。
しかし実際のところ楽器をお持ち頂いたのにも関わらず一度も楽器に触らず
説明だけになる事もありました。
ですからこれらの理論等の解説は別途コースを設けて希望者にのみ受講して頂く様に
したいと思います。その際は時間を区切り通常のレッスンでは楽器を使った練習。
アドリブ理論コースでは理論の解説を行いたいと思います。


このコースでは紙とペンを使って説明のみ行います。
また譜面を用意して楽譜を読むとき曲を演奏する時の注意点などについて
解説し実際のレッスンにスムーズに入れる様に準備をする事も考えております。
現段階ではある程度私の方で題目を用意しておりますがこちらのコースの
お問い合わせがあった場合にそれぞれの生徒さんのご希望に合わせて
カリキュラムを組んでいきたいと思います。




基本編
★コードネーム、コード進行について
★スケールについて
★ダイアトニックについて
★メジャー、マイナーとは?
★テンションとは?
★ケーデンスとは?
etc


アドリブ編
★コードとスケールの関係
★コードの細分化とは?
★ガイドトーンとは?
★曲のアナライズ
★裏コードについて
★ディミニッシュについて
★モードについて
etc


曲コピー編
★名盤、名演奏よりフレーズを採譜しコピーする
★理論とフレーズの関係
★音源と楽譜の検証
★ジャズの歴史について





本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-16 04:00 | Lesson料金&場所について | Comments(0)

【アンブシュア】サックス初心者のためのアンブシュア改善のための3つのポイント


d0192284_2351263.jpg
当ブログではサックスをこれから始めたい方やジャズサックスに挑戦したい方、
ビッグバンドに在籍していてアドリブに挑戦してみたい方などなど、
Jazzsaxを吹く方へ有益な情報を提供していきたいと思っております!!

また、都内〜横浜〜相模大野〜町田、出張レッスンも随時募集しております。
お気軽にお問い合わせください!!

d0192284_02534995.jpg
昨日と今日と天気も良くカラッとしていてとても気持ちよかったですね。
先日、私のYoutube動画をご覧頂いた方より
アンブシュア=マウスピースのくわえ方についてのご質問がありました。


実際レッスンをしていてもアンブシュアの矯正や改善の指導をする機会は多いです。
初心者の方が陥りやすいポイントはいくつかありますが、
ほとんどの方(ほぼ全員と言っても良いくらい)が噛みすぎる傾向にあります。
その結果として、、、、

★ピッチが悪い
★唇を傷める
★息が入らない
★疲れやすい
★リードがへたる


などと演奏するのにはあまり良い事はないですね。
まず、アンブシュアはとにかくリラックスしましょう!!
その前提としてブレスを安定させる必要があります。
逆に言えばブレスが弱いor安定しないからアンブシュアがキツくなるのです。


アンブシュアを緩められない原因の一つとして
良い音を「出そうとしている事」があげられます。

サックスの音を豊かにするのはブレス
であってアンブシュアではありません。


ここを勘違いしている人があまりにも多いと思います。


サックスの音色やトーンを作る上でポイントとなる事とその優先順位をあげると

1、姿勢
2、呼吸法
3、イメージ
4、マウスピースとリードのセッティング
5、リードの状態
6、アンブシュア

くらいの順位になると思います。
これらのポイントを理解した上でアンブシュア改善のポイントを
載せますのでよろしければ参考にしてください。
(注意:私はジャズミュージシャンですのでジャズサックス的な観点です)


1、マウスピースをくわえた時に口角が上がっている事
  笑う時に使う筋肉で口角筋を意識して張っておくと良いでしょう

2、リードに触れる面積を極力少なくしましょう

3、マウスピースを「噛む」のではなく下唇に楽器の重みをかける様にしましょう。


この件に関しては個人レッスンで実際に指導しないと難しいところも
あると思います。
もし不明な点がある場合はお気軽にコメントやメールにてご質問ください。
あるいはレッスンのお問い合わせもお待ちしております!!





本日もブログを最後までごらん頂きましてありがとうございました003.gif049.gif

毎週 月、金、土 更新!

レッスンのお問い合わせや質問など随時受けつけておりますので
以下のバナーよりお気軽にお問い合わせください▼▼▼▼▼▼▼


d0192284_03310700.jpg












レッスン詳細についてはGentle websiteをご覧ください004.gif



d0192284_00510281.jpg







これからもサックスを演奏するみなさまにとって
より良い情報をお届けできるブログを書いていきたいと思っております!!
ご愛読よろしくお願いします!






[PR]
by rollins82 | 2014-05-12 08:00 | 楽器について | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

New【サックス購入のサポー..
at 2017-09-28 19:41
【横浜 Jazz Live】..
at 2017-08-07 19:16
ジャズサックス初心者のための..
at 2017-08-02 22:53
【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月