<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Lincoln

皆さんこんばんは。最近は雨が多いですね。
雨が降ると気温も少し下がり何となく気分も落ち気味です。
今日は逗子にレッスンに行ってきたあと寄り道をして
映画「Lincoln」を見てきました。スティーヴンスピルバーグ監督は
今までにも歴史を題材にした作品をいくつか作ってきました。
しかし黒人のオバマ大統領が2期目を勤めているアメリカにとって今回の作品は
見る側にしても作る側にしてもズシリと響く根本的なテーマなのではないでしょうか?
d0192284_1253783.jpg

「自由とはなにか?」
「平等とはなにか?」
「奴隷制度は正しいものなのか?」

ジャズの生まれた街、アメリカ南部ルイジアナ州ニューオリンズでも黒人が
奴隷として扱われていたところ。南北戦争で使われていた管楽器をただ同然の値段で
売られていた事からジャズという音楽が生まれるきっかけとなった。
そういう意味でもリンカーンがいなければジャズという音楽も今とは違っていたかもしれません。

この映画をみて、最も興味を持った点は単なるリンカーンの伝記映画でないところです。
南北戦争の背景や奴隷解放案の修正についての政治的な動きをメインに描かれていました。
そしてリンカーンの内面や政治家としての汚い部分(政治なのでやむを得ない)が
平行して淡々と描かれていました。ラストに向けて憲法改正案の採決の瞬間はまるで
自分も歴史が動く瞬間に立ち会っているかのような臨場感がありました。

ジャズはアメリカで生まれたアメリカらしい音楽だと思います。
しかも黒人が作った音楽です。だからジャズを演奏する事はアメリカの歴史について
良く知り、尊重した上で自分たちの音を探すべきだと思います。
去年行った企画「Jazz live@jazz history」をやったあたりから音楽に対する
見え方も大きく変わってきました。
映画の中で奴隷解放の法案についての討論の中で「人は皆、法の下に平等である」
という有名な台詞が出てきて改めて今ある当たり前の自由について、
歴史の先人達のおかげで今日があるという事を思いました。
「そして今いる30万人の黒人達の運命だけでなくこれから生まれてくる全ての
 黒人達の運命も考えなければならない」
リンカーンのその瞬間だけでなく未来のビジョンも見据えての言葉に
改めてズシリと心に響きました。
[PR]
by rollins82 | 2013-04-25 01:54 | Comments(0)

これからの展望

こんばんは!
Gentle山本です!4月ももう後半戦だというのに寒い雨が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は実は一身上の都合により音楽活動を一時休止しています。
(とは言っても月4本のレギュラーの出演は続けていますが。。)
また2、3ヶ月して落ち着いてきたら積極的に活動しようと思っています。
レッスンに関しても新規のレッスンはしばらくお断りしています。
何が起きたのかとご心配なさる方もいるでしょうが、追々報告いたしますので
しばらくお待ちくださいませ!
しかし音楽から完全に離れる訳ではありませんし、
サックスの練習や今まで続けてくださっている方のレッスンは続けています。
また生徒さんの中から希望者を募ってサックスアンサンブルを結成しました。
利益を目的としないで、練習を目的としたアンサンブルです。
しかしただやるだけでなく老人ホームや介護施設、幼稚園、各種イベントなどで
本番で演奏する事が決まっています。

最近になって私は技術的な事や知識やアレンジ方法、演奏方法も大切ですが
もっと音楽の根本的な事を深く考えたいと思う様になりました。
それは音楽の文化です。ジャズという文化、黒人音楽の文化。私たち日本人の文化。
教科書に載っている事や学校で学ぶ事はどんな音楽でもある程度共通するものがあります。
しかしそれぞれの地域や人種、歴史、時代、社会的背景などはそれぞれまったく
異なるものがあります。音楽に限らない事かもしれませんが、実はその部分が一番面白いのだと
思います。例えばジャズの中でもビバップとウェストコーストジャズは本質的にはほとんど
変わりません。ジャズはジャズです。しかし白人と黒人、アドリブの内容、曲のアレンジを
通して音楽の聞こえ方や印象は大きく変わってきます。
ヨーロッパとアメリカ、もちろん日本もそれぞれの独自性を持っていると思います。
そういった事が音楽の面白いところだと思います。

そういった意味でこれからの音楽の活動の仕方として、
自分の演奏を人に聞いてもらって元気をあげたり楽しい気分にさせたり
情熱を伝えられるような、”私”という人間を感じて頂けるような演奏。
何かを感じてもらえるような音楽。
そういう風に気持ちを込めて演奏して行きたいと思います。
[PR]
by rollins82 | 2013-04-20 23:36 | Comments(0)

何事も本質が大切

皆さんこんばんはGentle山本です!
暑くなったり寒くなったりの繰り返しで着る服も選ぶのが大変ですね。
楽器奏者の方々にはまず健康な体があるのが前提ですからお気をつけ下さいませ。

さて今回は練習について書きたいと思います。
世の中にはさまざまなミュージシャンの方がいると思います。
人によって楽器も違うし音楽的な背景やそれぞれの環境も違うと思います。
そんななかで大きく分けてアマチュアミュージシャンとプロのミュージシャン
という分け方がありますね。(表現としてあまり好きではありませんが)
本当のところ音楽的にこの二つに大きな違いはあるのでしょうか?
「アマチュアのリンゴ?」「プロのリンゴ?」どちらもリンゴには違いありません。
いずれにしてもリンゴ好きな人にとって「リンゴが美味しい」という事は事実です。
音楽も本当はそういう人間の尺度では「測れないもの」なんだと思います。

だから仕事が忙しくて練習する時間が取れないっ!
という方は「もし時間が無限にあったらどんな風に演奏したい?」や
「自分にとって演奏する事で何を得られる?」などをイメージしてみましょう。
この問いにたして明確な答えが出ない人はやはり時間があっても同じ事だと思います。
例えば私も最近は演奏する機会が増えてレッスンが忙しくて楽器に触る時間があっても
腰を据えて個人練習をする時間がないと自分の練習の必要性が凄く見えてきます。

私の最近の個人練習はシンプルながらロングトーン(全音域)とエチュードと
リード調整と曲の練習とイメージトレーニングですね。
また家で楽譜の作成をしていると練習したくてうずうずします。
こんな風にして練習に対するモチベーションをあげてみてはいかがでしょうか?
いくつか実践してみるだけで今までしていた言い訳が次へのエネルギーに変わってくると思います!!
[PR]
by rollins82 | 2013-04-13 00:32 | Comments(0)

I appreciate you being here

皆さんこんばんはGentle山本です。
もう4月だというのに寒かったり大雨が降ったりと天気が安定しませんね。
花粉症の季節が過ぎようとして寒暖がはげしくなりますと体調も崩しがちです。
みなさんもお気をつけ下さいませ。

私は最近英語の勉強と平行して敬語をキチンと喋れる様に少し意識をしています。
というのも都内を歩いているとやたらと人に道を聞かれます。
外国人にも良く道を聞かれます。そんな時にすらすらと美しい言葉を喋れたら良いなと
思います。また英語の表現もよりスマートに受け答えが出来たら良いでしょう。
例えば日本語で「ありがとう」という言葉一つとって見ても、
「ありがとうございます」「感謝しています」「誠にありがとうございます」など
さまざまな言い方があります。英語にも「Thank you」の他に「I'm greatful〜」や
「I appreciate you〜」などさまざまな言い方がありニュアンスがありますね。
こんなちょっとした言い回しを知っているだけで会話における相手への印象は
大きく変わるでしょう!!

言語について考えるのはジャズを考える事と非常に良く似ています。
例えばジャズでコードやスケールの理論がある中でフレーズというのは
同じ理論の中にも違うフレーズが無数に存在します。またさらにいえば
一つの音しか使っていなくても音のニュアンスだけでも様々な表現ができます。
そして後ろのコードが変わってくればフレーズそのものの響きも変わってきます。
これは言葉のニュアンス、状況による使い分けと良く似ています。
ジャズミュージシャンの国民性が音楽に顕著に表れるのは言語による影響は
少なからずあると思いますね。
なので日本人として音楽を演奏するためにはまず自分の国の言葉をきれいに
喋れる、そして美しく喋る、自国の言葉、文化に自信と誇りをもつ。
これがまず大切な事なのではないでしょうか。
[PR]
by rollins82 | 2013-04-04 00:21 | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14
【サックスアンブシュア】サッ..
at 2017-01-22 22:18
【On line Jazz ..
at 2017-01-22 10:00
【Wedding サックス演..
at 2017-01-21 13:01

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月