<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SAXのを吹く上で目標とするべきポイント

こんばんは。
ちょっとブログ更新が久しぶりになりましたが皆さんお元気でしょうか??
このブログも少しずつ色んな方に読んでもらえている様で
たまに「読んでるよ」なんて声をかけてもらえる様になりました。
こりゃ適当な事書けないなー。。
しかし本当にありがたいです!!

今日はサックスの「上手さ」ついて書きたいと思います。
以前のブログで「下手さ」について書きました。
結論から言うと「上手さ」とは「自分らしさ」じゃ無いかと思います。
なぜかというと、テクニックや経験値やフィジカルな事、知識全てが
当たり前に出来ないと「自分らしく」演奏出来ないからです。
そして全ての技術的な事は自分自信のなかで「当たり前」になる事が
本当に習得した事なんじゃないかと思う。
そういう状態に持って行くには時間がかかってしまうんですよね。

レッスン中にもたまに言うんですがレッスンで出来る事は
「近道を教える事」で、実際に練習の道そのものなしに上手くなる事は無理です。

例えば野球選手がピッチャーが投げる球をイメージしてそれに対して
どう打つかを考えて100回素振りするのと、
何も考えずに素振りをしただけでは雲泥の差があります。
後者では単なる筋トレです。


たとえばロングトーンでもピンと張った心地よい音色をイメージしてとか
初心者であれば体が楽器と一体になる姿勢とか筋肉の使い方を覚えるつもりで
やってみるとかね。
そうして行くうちに自分なりの小さな発見が必ずあるはず。
それがポジティブであったもネガティブなものであってもその日の練習は
大きな前進と言えます!!
その小さな発見を沢山すると自分の小さな自信が溜まって行きます!!

あとね、
自分の好きなプレイヤーがいた方が100倍は早く、より高いレベルで上手くなれます。
たまに「好きなプレイヤーが見つかりません」て言う人いるけれど
サックスじゃなくても良いからピアノでもドラムでもベースでも歌でも
良いのでこの楽器のここのメロディ、音色、リズムが
「かっこいいなー」「きれいだなー」を見つけてください。
そしてなぜカッコ良いのかを考えて行くとかならずプラスになります。


そして最終兵器として最も簡単にてっとり早く上手くなるには
「サックスエチュード」に取り組む事ですね。
毎日2時間ずつ真剣に取り組んで行けばあっというまにバリバリ吹ける様になります。
なかなかキツい練習法ですけど。
なので私は基礎練習のメニューの中にエチュードを少し入れたりして
出来る範囲でやっています。
でも逆に言えば「エチュード」は中毒の様になればしめたもの毎日毎日
「上手くなる」のが実感出来て楽しくて仕方がなくなります!!
興味のある方はレッスンでお問い合わせください!!
[PR]
by rollins82 | 2012-09-26 03:29 | 楽器について | Comments(0)

All in fun ありがとうございました!!

みなさん今晩は!!
Gentle山本です!!
今日は大塚の素敵なお店All in funにてJazz Live @ Jazz History Vol,3にて
演奏してきました。
おかげさまで第3回目を迎える事ができしかも今回も沢山のお客様にご来店いただき
好評を得る事が出来ました。大変感謝しています!!
もともとこの企画はジャズの歴史を解説してジャズについてもっと
分かりやすく知ってもらいたいという気持ちから発信しました。
それがこうして続けられている事、繰り返しご来店いただけてる事を
非常に嬉しく思っています!!

私自身、演奏方法や演奏スタイルの事で少し悩んでいたりして
探り探りな部分があっての演奏でしたが今日はお客さんの反応も良く
今後の目標も出来て私的には大変手応えのあるパフォーマンスでした。

そして今日の目標のうちの一つだったのですがトークの部分でも
お客様に楽しんでもらえるようにしたいと思っていて、
ピアニスト山野友佳子さんに協力いただき楽しいトークセッションを意識してみました。
ま、若干アホっぽいトークだったと思いましたが、
「1950年代のモダンジャズについて」という内容だっただけに
お客さんが退屈に思ってしまってはもったいないと思い意識してトークしていました。

ジェントル「ビルエヴァンスってどんな人ですか??」
山野「あ、73分けの人ですよね?」
d0192284_4333777.jpg

一同「...........(笑」



実際私たちジャズミュージシャンはMCについてはほぼ素人だと思います。
そういった部分でジャズが取っ付きにくいと思っている方も実際いると思います。
そういう意味では楽しいトークセッションだったんじゃないかと思います。
それにしても人前でテーマを決めてお話をする事ってほんとに難しいですね。

この企画、今まで3回に分けて歴史の解説を行ってきましたが
ジャズ史を取り上げるのは一区切りとさせていただきます。
理由としては60年代以降のジャズがマニアックな方向に向かうという事。
ポピュラリティが極端になくなった時代である事です。
もともとジャズの裾野を広げたいという思いからの企画だったので
一区切りとさせていただきます。
次回の企画として予定しているのは
「ヨーロッパのジャズ」「ボサノバについて」かなー
もしこのブログを読んでる方でやってほしいテーマがありましたらぜひぜひ
メールなどでお問い合わせください!!
[PR]
by rollins82 | 2012-09-20 03:15 | Comments(0)

Swing is as natural as breathing

皆さんこんばんはGentle山本です。
この間アマゾンで購入した洋書「The world of swing」を読んでいます。
(やっと6pですが。。)
d0192284_2423950.jpg

この本は著者が有名ミュージシャンと実際に対談して書かれたもので
スイングジャズについてベイシーやフレディグリーン、エリントン、
レスターヤングなどのミュージシャン自身の言葉で書かれています。
そのなかで書かれている事の一つに記者がカウントベイシーにこう訪ねています。

「Do you have any working difinition of what swing is ?」
(スイングする事について特に気をつけている事はありますか?)

Basie「No , I don't. I just think swing is a matter of some good things
put together that you can really pat your foot by.」
(いいや、とくにないね。スイングとは足でリズムを叩いて
 共演者とともにつくる良い事=リズムだと思う)

ちょっと日本語訳が微妙ですが、、、。
英文のニュアンスを汲み取ってください!!
ここで私が思うのですがこの日本語に訳しずらい微妙なニュアンスこそ
スウィングの大事なところなんじゃないかと。。
「日本人の日本語に訳した解釈」ではなく「英語のままのニュアンス」で
理解するってことがスイングする上で大事なんじゃないかなー??
なんて思います。
そういう意味じゃアメリカに行って黒人達と沢山セッションをしてくる事が
一番手っ取り早いと思いますね。

私のレッスンでも共演者でもよく話すのですが、
とにかく良い演奏(録音でもライブでも)を沢山聴いてそこから
一つでも良いから吸収しようと言う気持ちを持つ事が
音楽を豊かにするんじゃないかと思います。
聴いて学び吸収する力が求められる!!

とくに「Swing」ほど曖昧でジャズにとって重要なニュアンスは
ありません。
私なりに解釈するならば「Swing=音楽を楽しむ」と思っていますが、
これは私の中での理解ですし多少言葉が足りないとも思いますが。。
でも学理的な理解では機械的な音楽になると思います。
こんな感じの楽しい音楽を演奏したい!!

[PR]
by rollins82 | 2012-09-15 03:19 | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14
【サックスアンブシュア】サッ..
at 2017-01-22 22:18
【On line Jazz ..
at 2017-01-22 10:00
【Wedding サックス演..
at 2017-01-21 13:01

以前の記事

2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月