<   2012年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

セントラルにてHistoryやりました

こんばんは。
今日は昼間に東白楽で演奏して
そのあと家の近くで夕方から飲んでました。
久しぶりにゆっくり飲んだなー。

昼間の演奏も楽しかったです。
ちょっと寝不足で言葉が上手く喋れなかったな。。
今回は資料作りの段階で結構詳しく調べておいたので内容はなかなか充実出来た
と思います。
そしてジャズにおいてニューオリンズの頃の事ってあまり知られていないんだけど
本当に大切な事いっぱいあると思います。
モダンジャズの良さもきっともっと初期のジャズをする事でいっぱい見えてくると思う。
私自身も大変良い勉強になりました。
本日来てくれたお客様とぱちり。
d0192284_05256.jpg

本日はありがとうございました!!

次回は8月26日(日曜日)です。
今度はゲストでトロンボーンを迎えて演奏いたします。
お題はビッグバンド全盛のスイング時代について。
よろしくお願いします。
[PR]
by rollins82 | 2012-07-30 00:54 | Comments(0)

マウスピース来たー!!

こんばんはGentle山本です。
最近はワインとモヒートばかり飲んでいます。
ってそんな沢山は飲んでいませんが、、
ワインに関してはイタリアとか南アフリカとか太陽の光を沢山浴びて
育ったブドウの香りが好きです。


って訳でマウスピースですが、
6年くらい前に新大久保の楽器屋さんで買ったセルマーのソロイストという
マウスピースですが初めてヴィンテージのマウスピースを買いました。
ヴィンテージと言っても実は買った時に既にリフェイスが施されていて
オリジナルの作りとは厳密には違ってたのですがそれでも現行のものでは
出せない柔らかくて深みのあるサウンドでした。
でも、使っているうちにレールやフェンシングなどがガタガタになってしまい、
吹けなくなってしまいました。
それがこれ↓↓↓
d0192284_2484429.jpg


そしてリフェイス後がこれ↓↓↓
d0192284_112213.jpg

吹奏管も良いし低音の安定感もばっちり!
ただ音量はでないなー。
今回は後藤楽器(Gottsu)さんに頼んだのですが
セルマーらしさを残してくれてむしろ音はそのままに吹奏管が良くなった感じで
大変満足しております。
音量に関してはこれからちょっと色々試行錯誤して行かないと行けないけど、、。
とりあいずテナーに関しては音色は納得いくものが出せそう!!
今後にご期待!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-28 02:54 | Comments(0)

久しぶりに良い映画をみました

みなさんこんばんは。
Gentle山本です。
先ほどパソコンで見たのですが、
「ツレがうつになりまして」という映画を見ました。
とっても良かった。
映画でも小説でも音楽でもそうですが作品とは作った人の
本当に心の奥底で思っているものがにじみ出るものだと思います。
その作品のコンセプトとか作った時の事は関係なくて、
その作品の温度としてそれを見た人、読んだ人、聴いた人が感じるんだと思う。
この映画をみてそんな温かさを感じました。

堺雅人演じる「ツレ」がうつになってしまい、宮﨑あおい演じる「ハル」(奥さん)が
それを支えるというシンプルな作品です。
ハルは漫画家をしながらツレを支えるのですがなかなか漫画家業も上手く行かず
苦しい日々を過ごしている中、夫がうつになってしまいます。
私のプライベートでもつい最近、知人が似たような事になっていたり
いじめが原因での自殺が世間で騒がれていたりして
もしかしたら自分自身もそういう病気にかかったりするかもしれません。
この映画で一番心うたれたのはツレの奥さんの懸命な支えでした。
最初はどうして良いか分からなかったりと惑うのですが、
ツレと一緒に頑張って病気と闘っていきます。

この映画にはほんの少しサイドストーリーもあって
それもなかなか面白かった。
もしかしたら見ていない人もいるかもしれないから具体的な話は内緒。
でもこの映画には優しい人が沢山出てきます。
上手く行かない事があってもみんなが少しずつ助けてくれて
それが病気を改善するきっかけにも繋がったりして。
本当に温かい映画でした。

僕は仕事としてサックスを吹いているけど、
駆け出しの頃(今もかな?)は自分の我がままで生きているような
気がしていました。
しかし今はそんな事を思っていた反動なのか
自分の演奏するサックスだったりレッスンを通して人を喜ばせたり
楽しい気持ちにさせたり、音楽の楽しさを伝えられたら嬉しいと思う様になりました。
もちろん音楽は自分のためにするものだからやはり自分が納得した音楽を
やるべきだけどね。
しかしそれを考える様になって自分の気持ちがあまりブレなくなった。
自分の心の中心に音楽の核があってそこから自分に正直な
嘘偽りのない音を外の世界に発信する。
そんな風に演奏して行ければ僕はうつにはならずに済むような気がします。
[PR]
by rollins82 | 2012-07-25 04:27 | Comments(0)

遠くへ

こんばんはGentle山本です!!
ここのところ少し涼しい日々が続いておりますが
みなさま体調など崩されていないでしょうか??
私は比較的体調面に関しては安定して過ごしています。

突然ですが私はどちらかというと楽観主義者だと思います。
(あくまで周りの人間と比べてみてね)
それによって苦労する事も少しはあるのですが楽観主義の方が
体にいい事だけは確かだと思います。
あまり小さな事でくよくよしたくないし、切り替える事で
思わぬところで解決方があったり別の切り口が見つかったりするもんです。
人間だもの上手く行かない事があって当たり前!!
「上手く行ったら俺のおかげ、ダメだったら運が悪い」
くらいに思ってて
ちょうど良いと思うな〜。
あ、でも決して我がままを肯定してる訳ではないですがね。
心理学でも良く言われているのですが自分を愛せない人は他人も愛せないそうです。
それに愛はまず与えなければ帰ってこないと思っています。
私たちミュージシャンはお客さん達にまず与える事をしないと
商売として成り立たないですね。

これからはもっと活動範囲を広げて行きたいと思います。
そして色んな地域の人達と色んな音楽を演奏してみたいなー。
[PR]
by rollins82 | 2012-07-23 02:15 | Comments(0)

マウスピースについて

こんばんは。
Gentle山本です。
4年ほど前に使っていたヴィンテージマウスピース
セルマー社のソロイストロングシャンクC★★というものです。
d0192284_3363447.jpg


このマウスピースですがフェンシング(リードと接する部分)が
かなり劣化していて使用出来なくなりまして、
現在はバンドレン社のV16の8番を使用しています。
このバンドレンのT8というマウスピースはなかなか気に入って入るものの
音色の面白みに関してはちょっと不満があります。
逆に言えばそれ以外の部分はほとんど気に入っています。
まあ、僕はマウスピースに多くは求めないんですけどね。
強いて言うなら耐久性とか作りの正確さを求めています。
(あと値段かな。。)
あまり高いものとか良過ぎるものも私の身丈にあっていない気がして。
あと、マウスピースは凝りだすときりがなくなってしまいます。
適当に使って行けるものがいいんです。
それに壊れてもいつでも楽器屋さんで安価に手に入るものがいい。

ビンテージのソロイストはそういったバンドレンマウスピースでは
出せない音色を持っていますね。
色気、奥行き、つややかさ、温かみ、そういうものはヴィンテージにかなうもの
はないんですね。
不思議なもので現行のマウスピースがどんなに頑張っても出せないものがあるんですね。
そのマウスピースをいまリペアの方にリフェイスしてもらっています。
腕の評判は色んな方からお墨付きをもらっているようなので非常に楽しみ。

そして世の中のマウスピースコレクターに言いたい!!
楽器に頼るな!!
練習せよ!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-20 03:53 | Comments(0)

ナマステ〜

こんばんわ。
今日は朝からドラマーの蓑宮さんと
一緒に練習してトラディショナルの曲について
色々おしえていただきました。
って言うほど堅苦しいもんでもなく一緒に曲の練習をしただけです。
ジャズって楽器のテクニックだけでは表現出来ない事が沢山あって
色んな曲を知る事や、色んな演奏スタイル、もちろん歴史もそうだし
一人で練習するだけでは気づけない事が沢山あります。
もちろん1日2日ではなくながーい時間をかけないと分からない事もある。
そういう意味では真にジャズは口承文化なのかもしれませんね。
私のレッスンでも生徒さんと一緒にCDを聞く時間を少し作ったりしています。
一緒に音楽を聴いて、聞き方とか、演奏方法の研究などの話をするのは
非常に楽しいし有意義ですねー。

練習の後は東林間に帰ってきて我が家の近くにある
インド人の経営するカレーハウス「ナマステ」に行ってみました。
ちょっと怖くて今まで入れてなかったのですが、
なかなか美味しかったです!!
写真撮るの忘れました。
でもまた近いうちに行こうと思います。
なんせ家から30秒なんで。
[PR]
by rollins82 | 2012-07-17 01:26 | Comments(0)

風の歌を聴け

みなさんこんばんは。
Gentle山本です。
居は昼間に大船でレッスンしました。
30歳になってから一週間とちょっとが過ぎて色々な方から
お祝いのメッセージや心温かい演出とともにプレゼントをもらったり
して心新たに自分自信の身のおき方、生き方を考えつつも以前と変わらない
ものや継続して行く事も大切だと思いながら過ごしております。

ふと思い立って、村上春樹の処女作「風の歌を聴け」の冒頭文が読みたくなり
さっき読みました。
村上春樹がこの小説を書くまでのプロセスにあたり考えたであろう
紆余曲折のようなものが書いてあるのだが、とても印象的で心引かれる
ものがある。
といってもたいした内容でもないんだけれど。
その中から一部分をご紹介します。

「もしあなたが芸術や文学を求めているのならギリシャ人の書いたものを
 読めばいい。真の芸術が生み出されるためには奴隷制度が必要不可欠だからだ。
 古代ギリシャ人がそうであったように、奴隷が畑を耕し、食事を作り、
 船を漕ぎ、そしてその間に市民は地中海の太陽の下で詩作に耽り、
 数学に取り組む。芸術とはそういったものだ。
 夜中の3時に寝静まった台所の冷蔵庫を漁るような人間には、
 それだけの文章しか書く事は出来ない。
 そして、それが僕だ。」

なんとネガティブな文章なんでしょうか!
しかし、気持ちは良くわかる。
音楽家にとっても音楽を演奏する事は自分の楽しみでもあり
仕事として、演奏家として人を楽しませる事を考えなければならない。
でも生きて行く上でやっぱり音楽は労働ではない。
だから仕事というには私には少し抵抗がある。
私は、エンターテイメントがお金を生み出すんだと思う。
聴いてる人がそれぞれに楽しんだ分がお金に換わる。
芸術が金を生み出すのは違和感を感じる。
芸術は自分自身のためにするものだから。
だから、30代はまずエンターテイメントに行きたいと思う。
芸術をやるには奴隷制度が必要だから(苦笑

という訳でこれからもよろしくお願いします!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-16 01:55 | Comments(0)

旅に出たい気分

皆さんこんばんわ〜
Gentle山本です!!
7月に入り夏はもう目の前まで来ていますね!
昨日今日と夜中に大雨が降っていますが時折雷が鳴っていました。
この時期の雷はもうすぐ梅雨明けを意味するようです。

今日は逗子にて丸一日レッスンしてきました!!
そのうちの一人が一昨日までイタリアに旅行に行っていたそうで
お土産のチョコレートを頂きました!!
d0192284_154691.jpg

色々と旅のお話を聞かせていただいてるうちに私もヨーロッパに行ってみたくなりました!
というより前々から演奏旅行で色んな地域へ行ってその土地の人達と
音楽で関わって行きたいなーなんて思っていました。
以前の日記で狭い地域だけで演奏しているのは非常にもったいない事と
書きましたがより思いが強くなってきました!!
音楽を演奏していると(ジャズは特に)初めてあった人同士でも
自然と心が打ち解け合えるんです。
ちょっとずつ準備して近いうちに実現して行きたいと思います!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-14 01:18 | Comments(0)

リズムについて

皆さんこんばんわ!
Gentle山本です。
今回はリズムについて書きたいと思います。
私は管楽器奏者なので打楽器の技術的な事や本格的な奏法などは
書きません。

まず、ジャズミュージシャンが考えるリズムについてですが
ジャズという音楽の起源をたどるとアフリカのトーキングドラムに
行き着くと思います。
ジャズは1900年頃にニューオリンズで生まれたとされています。
そしてその後の発展をたどるとアメリカのポピュラーミュージックの
すべてに影響を与えている事からジャズ=アメリカンミュージックのボトムと
言っていいと思います。

アフリカのトーキングドラムは大昔にコミニュケーションや祈り、踊り
などを表現する目的で使われていました。
それと今現在のジャズのリズムの共通点は大まかに言うと。

1、同じリズムパーターンを繰り返している
2、アクセントのポイントに特徴がある
3、そのリズムを聴くだけで音楽として成立する


リズムとは人間の本能的な部分に訴えるもっとも原始的な
音楽の要素であるという事。
それは人間の足が二本足であることや、
心臓は常に同じパターンで刻んでいる。
人間の心理により心臓の鼓動のテンポが変化する。
そういう事と深い関係があるのです。

特にプロアマとわず日本人ミュージシャンにおいて陥りがちな事としては
リズムを大きくとれないという事だと思う。
ジャズの中でリズム楽器はリズムキープだけに捕われず、
シンコペーション、ラグタイム、ポリリズム、変拍子など
リズムの拡張性や色んなリズムの組み合わせや新たなアイディアを
追求するが面白みの一つである。
ですが私が強く思うのは基本的なリズムパターン、
ジャズで言えばシンプルな4ビートのグルーブ感を感じていなければ
何も始まらないという事。
私たち日本人と本物の黒人達のリズム感の大きな違いの一つとして
リズムをマクロに感じるかミクロに感じるかだと思います。
音には出はじめと終わりがありそれが連続して行く事で
リズムパターンが生まれ、それがうねる事でグルーヴ感が生まれます。

もっと簡単な言い方をするならば自分で曲のテンポに合わせたメトロノームを
聞いて一緒に四分音符を叩いてみて楽しいリズムを刻めるか?
それを聞いた人がダンスを踊れるか??
そういう事です。
踊れる4ビートを演奏者が心の中で感じていて初めてその
演奏者の奏でるメロディや和音、リズムパターンが歌いだすんだと思う。
これを読んでる人で楽器を演奏する人も考えてみてください、
単純な4ビートのハンドクラップだけでダンスミュージックを
表現出来るか??
これはとても難しく感じるかもしれないけど、
でも本当はシンプルな事なんだと思います。
なぜならかつてアフリカの人たちは誰に教わるでもなく
自然にそういう演奏をして本当に祈りや踊りをしていたのですから。
メトロノームを聞いて演奏するときメトロノームがスイングしてグルーブしている
様に演奏出来たらそれはきっと楽しい演奏になっていると思います!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-12 03:28 | Comments(0)

まるうさんでした!

こんばんわ!
Gentle山本です!!
今日は相模大野まるうさんで演奏しました!
マスターから
「今日、お誕生日の方がいるのでバースデー演奏してもらえますか?」
といわれて、快諾して。一生懸命演奏したら。
演奏後にお店の方から私にケーキを出していただきました!!
史上初、自分へのバースデーを演奏しました。。。
その後、プレゼントももらってみんなでケーキを食べて、
本当に幸せな気持ちになりました!!
この間のマッカーサーと言い、嬉しくてたまりません!!
とっても素敵な30代のスタートを切る事が出来ました!!
みなさまから頂いた温かい気持ちやパワーを私もお返し出来る様に
明日から頑張って行きたいと思います!!
[PR]
by rollins82 | 2012-07-11 04:12 | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

New【サックス購入のサポー..
at 2017-09-28 19:41
【横浜 Jazz Live】..
at 2017-08-07 19:16
ジャズサックス初心者のための..
at 2017-08-02 22:53
【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月