<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Noise 〜Final〜

皆さんこんばんわGentle山本です!!
今日は町田のNoiseで演奏をしました!!
このお店でのライブは今月でいったん終了という事で、
最後に演奏出来て良かったです。
d0192284_22535057.jpg


集客の面や投げ銭など心配していましたが、
お客さんもそこそこ入り演奏も楽しく出来ました。
良かった!!
大船の生徒さんがわざわざ来てくれたり、知り合いの方が
来てくれた事も非常に嬉しかったです!!
最近ライブでお客さんとなるべく一体感が持てる様に意識してるのですが
その手応えも少しずつ掴めてきた気がします。

もっともっとお客さんを巻き込んでかつ演奏内容も充実したものに
して行きたいです!!
頑張らねば!!
[PR]
by rollins82 | 2012-06-24 23:01 | Comments(0)

サックスの下手さについて

こんばんわ。
Gentle山本です。
今日はあまり練習がはかどりませんでした(怒
ちょっと疲れてたのかな、、、。
あーやだやだ。。

でもまあ、人生そういう日もあるよね。
ここで
「なぜ下手なのか?」について私の事を例に考えてみたいと思います。
そもそも上手い、下手は人と比べてるからでてくる事ですよね。
つまりその時点で音楽とか楽器に集中していないとおもう。
今練習している曲が吹けない、フレーズが吹けない。
ではなんでその曲を吹こうと思ったのか??
どこかに「良い曲だな」とか「カッコ良いな」と思う気持ちが
あってその曲をいま吹こうとしているんですよね。
(バンドで決まった曲などはそうでない時もありますが)
その曲の一番良いところを理解する事が大切なのではないだろうか??
クラシックの奏者なんかも技術的な練習の他に楽曲の理解を
大事にしているそうです。
その曲の作者の事や時代背景を考えて、楽譜に書かれている音符が
なぜそうなっているのか?
どうやって演奏すべきなのか??
そんな自問自答に答えて行く事がどうやって演奏すべきかの手がかりに
なる事があるそうです。

それから技術的な事に関しては、徹底的に基礎練習をする事が
大切だと思います。
なぜなら楽器のコントロールを一番効率よく習得するために先人達が
考えた方法だからです。
楽器のコントロールは別の言い方をすると
フィジカル、音感、イメージの経験値を積む事だと思います。
サックスでいうフィジカル面は姿勢、ブレス、フィンガリングかな。
あと音感については時間がかかる作業ですが、
ロングトーンをする時にただ吹くのではなく頭の中で音を鳴らして、
それを具現化する事をやって行かないといけない。
ここが弱いパターンが多いと思います。
それからイメージは音色について大きく作用します。
たとえば
「鐘を鳴らせ」といわれたとして、
「お寺の鐘」を鳴らすのか「風鈴」を鳴らすのか分からなければ
力の入れ加減も体の使い方も分かりません。
だから楽器の音色も自分の出したい音色のイメージが心の中で
具体的であればあるほど良いと思います。
軽やかなのか、力強いのか、セクシーな感じ?透明感のある感じ?

こういったトライを日々の練習でするべきなのです。
でもね、私自身もついついボーっと吹いてしまう時があります。
それが今日でした。
だから私は今日下手だったんだ。
チャーリーパーカーによると

「音楽は、自分自身の体験、思想、英知である
 それがサックスから出てくるだけだ。」
「まずは楽器の事を知り尽くせ、
 そうすれば望む事は何でも出来る」




そして上手になる秘訣は

明日も練習するかどうか?

ではないでしょうかー??
[PR]
by rollins82 | 2012-06-24 02:38 | Comments(0)

インフォメーション追加

皆さんこんばんわ!!
Gentle山本です。
今日は昼間にバンドのリハーサルしてそのあと逗子でレッスンして
美容院でカットしてもらって、そのあといつもお世話になっている
お好み焼き屋さんまるうにてシットインしましたー。
楽しい一日でした。

昨日アマゾンで購入した本が届きもう読み終えてしまいました。
はやー、、、

というのもジャズの歴史について分かりやすく書いてある絵本なのです。
d0192284_2563149.jpg


中身はこんな感じ
d0192284_2583578.jpg


なかなか面白そうでしょ?
絵本だからといって内容が薄いかというとそんな事はなくて
けっこう要所要所を押さえてあります。
何も知らない人が読んでもジャズの概要について学べると思います。
もちろんちゃんと詳しく書かれた本も読んでますよ。
でもこの本を参考に@Jazz Historyをまたニューオリンズからやろうかと思っています。
ビリーホリデイとレスターヤングが未婚ではあったけどお互いに
理解者として支え合っていたんです。
二人の苦労に思いを馳せながらビリーの「All of me」を聞くと
泣けてきます。
音楽の歴史を知ると今まで楽譜の上に書かれた単なる音符や
コードや歌の歌詞も気持ちのこもったラブレターの様に見えてくるもんです。
そういった事を理解する事がジャズの一番の説得力になるのではないでしょうか?



話は変わりますが
昨日のブログで一つライブ情報を書き忘れました。
ほんとスイマセン。

★6月24日(日曜日)
町田ジョルナ4F
カフェNOISE
Gentle山本ts,ss
杉田靖典pf、Nord
鈴木soopy智久per
18:00スタート
MC:投げ銭

聞きにきてくださいー
[PR]
by rollins82 | 2012-06-23 03:10 | Comments(0)

Live information

みなさんこんばんわ!!
今日はライブもリハーサルもなくレッスン1コマしかなかったので
早めに帰宅しました!!
なので、筋トレとジョギングしました。
LSD(ロング、スロー、ディスタンス)という走法があります。
1時間かけて東林間から16号を通って町田まで走ってきました。
心拍数が上がらない程度の速度で走り続けるものです。
疲れたけど良い汗かいた気がします!!
汗をかく事って人間の大切な温度調節機能ですが
精神状態によって汗に含まれる成分が違ってくるそうです。
なので仕事の汗とか冷や汗とか、暑くてかく汗、運動によってかく汗は
機能が違うのですね。


最近このブログであまりライブの情報を書いていなかったので
久々に書きます。(ごめんなさい)

★6月29日(金曜日)
本厚木マッカーサーギャレッジ
Gentle山本ts,ss
綿谷Sliderman祥tb
本郷修史pf
河口洋平wb
中屋啓之ds
20:00スタート
MC¥500


★7月6日(第一金曜日レギュラー出演)
本厚木マッカーサーギャレッジ
Gentle山本ts,ss
綿谷Sliderman祥tb
山野友佳子pf
磯崎丈bass
鈴木soopy智久ds
20:00スタート
MC¥500


★7月10日(火曜日)
相模大野まるう〜お好み焼き屋さん〜
Gentle山本ts,ss
杉田靖典Nord
鈴木soopy智久per
20:00スタート
MC投げ銭


よければ聞きにきてくださいー!!
[PR]
by rollins82 | 2012-06-21 23:32 | Comments(0)

Jazz Live@Jazz Histry Vol,3決定!!

皆さんこんばんわ!!
Gentle山本です!!
先日開催しましたJazz Live@ Jazz History の続編!!
Vol.3が9月に決定しました!!
d0192284_425487.jpg

さらに良い企画にして行けるよう頑張りたいと思っています。
もし可能ならそれまでに横浜方面でVol,1と2のおさらいとして
やりたいのですがそれは追々。

★9月19日(水曜日)
All in fun
JR大塚より徒歩5分
Gentle山本 Sax,ナビゲーター
山野友佳子pf
20:00スタート
mc¥2000


まだ検討中なのですが予定している内容は
「多様化する50年代とJazzシーンについて」
チャーリーパーカーの登場によりスイングジャズからビバップへと
変わって行ったジャズシーン。
その後50年代になりアメリカの情勢そのものが変化に次ぐ変化。
共産圏への弾圧や黒人差別運動の激化、ソ連初の人工衛星打ち上げなど
またこの時代はアメリカ人の深層心理で自分たち自信の投影への恐怖があり
ある日突然隣人が宇宙人に連れ去られるのではないかとか、姿形はアメリカ人でも
中身が宇宙人になっていたり、どこかで人体実験が行われているのではないか?
というような半分SF的な緊張感が蔓延していました。
UFOという言葉もこの時代のアメリカで作られた言葉です。
そして1955年にチャーリーパーカーこの世を去ります。
ジャズメン達にとってリーダー不在となったジャズシーンは
自由を得たと同時にジャズという音楽のアイデンティティを不明確にしてしまう
可能性を秘めていました。
そんななかパーカーが開拓したジャズの可能性をさらに追求しようとする
若手ミュージシャンが表れます。



とまあ、勢いづいて書いてしまいましたが続きはまた9月にー
皆さんぜひぜひ聞きにきてください!!
よろしくお願いします!!
[PR]
by rollins82 | 2012-06-20 02:14 | Comments(0)

芸人魂

こんばんはー。
最近、このブログで私が書いている内容はあえて記す必要は
ないと思うのですがだれかに読んでもらって反響なり
読んでくれた人が考えてもらうきっかけになったり日本の
ジャズ事情を少しでも変えらたら良いと思っています。

なんのジャンルにしても人前に出て芸をしてお金をもらう場合は
芸人として観衆を意識する必要があると思う。
そしてパフォーマーがそれで生計をたてて行こうと考えているのならば
どんな条件であっても、
たとえ投げ銭であろうが固定給だろうが拘束時間や条件に関係なく
全力で誠心誠意力を出し切るべきだと思う。
その瞬間に金に換わらなかったとしてもそこにいた聴衆の目と耳に
自分の芸が刻み込まれるからだ。
また、自分自身にも全力で芸をする事はプライドを保つ事になる。
その芸に対してプライドの有る無しが芸人魂であり、プロ意識というもの。
投げ銭だから、ノーギャラだから適当にやってしまったらそこまでの
アーティストでしたかない。
むしろ自分自身にといたい
「いかに条件を度返しして最前を尽くせるか??」

しかし一つ断っておきたいのはミュージシャンがみんな投げ銭や
ノーギャラに甘んじることを推しているのではない、
もちろん自分の芸にプライドがあるならそれに見合ったギャランティを
もらえる様に努力すべきだ。
でももし、取り分の見込めない仕事に遭遇してしまった時に
その人の真価が問われると思います。

そしてこのプロ意識とはフリーランスで活動して行くミュージシャンにとって
交渉事をする時の自信に繋がってくると思う。
私の経験ではその自信がお店との交渉の時にとても大きな力になった。
それが少しずつ結果に繋がればなおさらである。
マーケティング関係の本を何冊か読みましたがどの本にも、
結果は何年か遅れて出るものであると書いてある。
だからミュージシャンとしてもレッスン業にしても今目の前の
仕事を条件に関係なく我武者らになって取り組むかで将来の
仕事の質や年収が決まってくるのだと私は信じています。
[PR]
by rollins82 | 2012-06-19 01:31 | Comments(0)

Gentle的プロフェッショナルとは?!

皆さんこんばんわ!!
Gentle山本です。

最近ライブをやる中でとても感じるのですが
フレーズとか楽器の技術はあって当たり前(プロならね)。
楽器のうまさというのはある程度練習を重ねて行けば分かると思うけど
道具みたいなもんだと思う。
それから知識もそれと同じようなものだと思う。
機材とか演奏環境もそう、全てがプロならあって”あたりまえ”なんだ。
本当のプロとはそこから先の音楽で勝負しなければプロ失格だと思うな。

だから誤解を恐れずいうなら「ヘタクソ」でもかまわないと思う。
結果的に聞いてる人が楽しめているなら。
音楽的に良い状態であればその人はそれで十分なんだと思う。
これ非常にシンプルな話で必要なところに必要な道具と環境がそろっていれば
それで良いのだ。

そしてここからが難しいのだが音楽の世界には
国家資格の様な明確な評価基準がない。
そして音楽の表現は限りなく自由であるべきだ。
(これも色んな意見があると思いますが)
音楽家としての評価のされ方が非常に曖昧な世界である。

またもう一つ音楽家として疑問に思うのが
金銭について。
「お金を1円でももらったらもうプロである。」
「音楽だけで生活していたらプロである」
これだけで「プロフェッショナル」といえるのなら
僕の中では「プロフェッショナル」の価値はあまりにも薄っぺらく感じる/
なぜなら例外が多すぎるからだ。
金銭的な事と素晴らしいミュージシャンは全く別の要素なのかもしれないけど、
僕は

「音楽家として素晴らしい事」が「商売として成り立つ」

結果的に
「プロフェッショナルである」


そうありたい。
それにライブ会場でお客さんが全然楽しんでいない状態だったら
それはどんなに音楽的に凄い事であっても、
良い音楽とはいえないんじゃないかと思う。
(あ、一つお断りこれは僕のブログなので思った事を素直に書きます)
これは突き詰めて行くと音楽とはなにか?って話にもなると思う。
だって聞き手がいない音楽はそれは自己満足ではないだろうか??
話し相手がいないのに難しい話を情熱的にしているようなものである。
それでギャラをもらおうなんておかしな話である。

でも、ジャズの歴史からみてジャズの偉人達はみんな音楽をとことん
追求して自分の納得いく地点まで到達させようと頑張っている。
でもそれはそのミュージシャンも若い時や駆け出しの頃、キチンと
商業音楽を演奏して聴衆の満足を得ているから出来るのだと思う。
聞き手は演奏者の出す音全てを受け入れるだけの愛情を持って聞きにきてくれている。
そこまで頑張って活動した人にのみ許された事なのだと思う。

まー書きたい放題書きました、色々反発する人や不快に思う方も
もしかしたらいるかもしれませんが特定の誰かを批判してる訳でも
罵倒している訳でもありません。
私が思っているだけですのでー

とまあまじめに書いてみたけど
こういう事をぜーんぶトータルして音楽は
楽しくやろうよ

[PR]
by rollins82 | 2012-06-17 02:45 | Comments(0)

Things ain't what they used to be

こんにちは!
先ほどウディアレンの最新作「ミッドナイトインパリ」を
見てきました。素晴らしい映画でした!!
美しいパリの街と芸術と過去の芸術作品や黄金時代の
ノスタルジー。
d0192284_2254483.jpg

午前零時を過ぎてふと気がつくと1920年にタイムスリップ。
コール・ポーターや黒い真珠、ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ、スタイン、
ブニュエル、マン・レイ、T.S.エリオット、ロートレック、ゴーギャン、ドガ…
出てくる出てくるゴールデンエイジの著名人たち。
主人公の「過去に対するあこがれ」は自身の事の様に良く分かります。
この作品の最後がなかなか面白いのですがそれは皆さん見てのお楽しみ。

僕もジャズを演奏していてジャズが歴史のある音楽である以上
過去の偉人にたいするあこがれがあります。
でも過去の偉人達も一人の人間として生きていたし、
人間的な不完全さも持っていたわけです。
しかし「天才」という言葉で表現されるイメージの中には
完璧にクリーンな想像しか、ない訳であってそういった人間的な部分は
私たちは忘れがちです。

この映画はそういったノスタルジックな感覚を少しブラックな笑いで
表現していて、ヘミングウェイやピカソ達が「ルネサンスの頃に憧れるな〜」なんて
いってたりします。

だからという訳でもないのですが
僕は前々から思っていたのですが私たちが演奏するジャズはもっと生々しくて
良いんじゃないかと思います。
アメリカ留学、音大卒業、専門学校、ジャズは学校で教えてくれる
音楽となりました。、、、、、っが!
本当はそうじゃなくて自分の足で現地までいって土地の空気をすってみたり
色んな芸術に触れて、恋をしたり、明日を考えながら、
自分の美しいと思う音楽と日々の生活感を紙一重にしながら
没頭して紡ぎだしたものが本当のジャズであり芸術だと思う。
[PR]
by rollins82 | 2012-06-15 22:06 | Comments(0)

All in funありがとうございました!!

皆さんこんばんわ!!
Gentle山本です!!
今日は以前から準備していた企画
「Jazz Live @ Jazz History Vol,2」大成功でした。
d0192284_2394257.jpg


Vol.2という事で前回の企画をふまえ改善した事が
形になって本当に良かった。
集客の面でも少し心配はあったのですが思っていた以上に多数の方に来ていただき
本当に嬉しかったです。
今回も色々反省すべき事は沢山ありましたが自分の思っている事を
形に出来て少しではありますがお客様に伝わった手応えがありました。
本当に嬉しいです。

それもこれもお店のスタッフの方々をはじめ共演してくれた
山野友佳子さん、今日いらしてくれた全てのお客様、
皆さんのおかげです!!

この企画は皆さんにジャズの歴史をお伝えする事が
本題ではあるのですがもっと大きなテーマとしてジャズの楽しさや
ジャズの聞き方、ジャズという音楽の素晴らしさをみなさまに
分かりやすく伝えたいっ!!
という思いがありました。
だから今回にとどまらず色んな形でこの企画をやって行きたいと思います!!
[PR]
by rollins82 | 2012-06-14 02:45 | Comments(0)

ポジティブシンキング

こんばんはGentle山本です。
昨日のまるうさんでの演奏盛り上がりました!!
最近のライブは盛り上がり続いてて楽しいね。
それって本当に貴重な事であって自分が良い演奏をするのはもちろんの事
メンバーも音楽を楽しんで、お客さんも楽しんでて、
お店のマスターやスタッフも良い時間良い場所を作ろうと頑張る。
そういった総合的な努力の上に良いライブというのは出来上がるのだと思う。
自分自身も健康でないと演奏出来ないし。

この間、お財布を新調したのがきっかけですこし風水を意識したりしてます。
例えばお財布の小銭入れにはあまり小銭を入れすぎない方が良いそうです。
115円(良いご縁)を入れておくのがベストだそうです。
お札も含めて11500円か11万5千円でも良いそうです。
パワーストーンも買ったし。
今年はお金をためたいなー。
んで風水というのは簡単に言うと整理整頓とポジティブシンキングについて
色んな形で具現化したものなのかな??

演奏活動でも僕は一回一回のステージのイメージをして行った方が
上手くいっている気がします。
人間のイメージする力というのは意外と大きいようです。
風水も形のないものの力を信じるという事はイメージ力を
養う事なんじゃないかと思っています。
東洋的には「気」という力、それは私たちの内側にある
想像力とすこし関係するのではないでしょうか?
それは(生命にとって)前向きに考える力。
ポジティブシンキング。

http://www.youtube.com/watch?v=8q-3UPoJyJU&feature=related

物事を前向きに考える力!!
大切だと思うなー
[PR]
by rollins82 | 2012-06-12 02:25 | 楽器について | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

【横浜 Jazz Live】..
at 2017-08-07 19:16
ジャズサックス初心者のための..
at 2017-08-02 22:53
【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14
【サックスアンブシュア】サッ..
at 2017-01-22 22:18

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月