<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ライブインフォ&おすすめCD(マニアック編)

こんにちは!!
今週末は僕のリーダーライブが2本あります!!
どちらも素晴らしいメンバーとお店なので楽しみです!
ではでは!!

★6月3日(金曜日)
本厚木マッカーサーギャレッジ

http://www.macarthurgarage.com/
20:00スタート
Gentle山本ts,ss
綿谷祥スライダーマンtb
本郷修史pf
間亮介wb
蓑宮俊介ds

このバンドはソプラノサックスをメインにベニーグッドマンやデュークエリントンなど
古き良きアメリカのジャズが大衆向けに演奏されていた頃の曲を中心に
楽しくて、ノリノリな演奏を目指しています!!


★6月5日(日曜日)
日吉カフェコラージュ

http://www.cafe-collage.com/index.html
18:00スタート
MC投げ銭
Gentle山本ts,ss
寺屋ナオgt
土村和史wb

このバンドはサックス、ギター、ベースからなるトリオで
ジャズの名曲をシンプルに演奏して、それぞれの個性や
サウンドにこだわって演奏しています!!
久々書いたに私のオリジナルも演奏します!!



d0192284_0443041.jpg

今回のおすすめCDはちょっとマニアックに行ってみたいと思います!!
まず左下の緑色のは

★JESSE VAN RULLER
Chamber Tones
 オランダのジャズギターリストジェシーファンルーラーの最新作で
チェンバートーンとは日本語で室内楽という意味です。
クラリネット、ギター、ウッドベースのトリオ編成で教会のような自然に響く
会場で演奏されたライブ盤です。
それぞれそばらしいプレイヤーで技術も持っていますがこのバンドでは
派手なアレンジは全くなく、空間と奥行きを感じさせる演奏です。


★Larry carlton
Finger prints
ジャズを聴き始める前、私はギターを弾いていました。
サックスを始める前はジャズギターや80年代くらいのエレクトリックものも
よく聞いていました。その頃に買ったカールトンのフィンガープリンツ。
しばらく(10年くらい)ぶりに聞いてみたらなんだかはまってしまい、
最近のヘビロテです。
とにかくカールトンのギターが繊細で奇麗なタッチなのです。
それに曲のセンスもいいしね。


★Tony coe
In concert
トニーコエというサックス奏者のトリオによるイギリスの
ライブハウスでのライブ盤という超マニアックなCDですね。
半年くらい前にドラムレスのトリオものを収集していた時に見つけたもの。
ヨーロッパらしい独特な哀愁漂う大人なサウンドです。
トニーはクラリネットも吹いており、木管らしい暖かみのある
サウンドです。
[PR]
by rollins82 | 2011-05-30 01:18 | Comments(0)

インドカレー

d0192284_22274960.jpg

今日はサックスレッスンで珍しく銀座へ行ってきました。
写真はレッスン後に生徒さんと一緒にインド料理専門店で食べたカレーです!!
これがなかなかの味で、ナンが良かった。
店内は完全にインド、コックもウェイターもインド人。
もちろん素手で食しました。
とっても辛くて、何種類入っているか分かりませんが
香辛料の香りと味と何のモチモチが良かった。

そして、最近私はサックスのサウンドを追求すべく
リードの扱い方の研究に余念がありません!
そこで見つけたのが仕他の写真の本です!!
d0192284_22404599.jpg

ちょっと絵が怪しいのですが、、、
丸々一冊リードについて書かれています!
リードの原料、産地、カット、保存方法、調整の仕方、
マウスピースとの相性、リガチャーのセットの仕方、
アンブシュア、鳴らし方


お手軽に実践できるものから長期計画で育てる方法、
良い音で鳴らすためのポイントなどが図解で書かれています。
実際のところ私もリードの扱いについてはかなり悩んでいました。(今もか)
でも、この本を読んでかなりの知識がついたと同時に一つの基準が分かった気がします。
[PR]
by rollins82 | 2011-05-28 22:50 | Comments(0)

八日目の蝉〜原作〜

こんばんわ!
Gentle山本です。
今回は最近読んだ小説「八日目の蝉」のレヴューをしてみたいと思います。

d0192284_212511.jpg

ついこの間映画をみてとても感動したので、
原作も読み始めてみたら一気に読んでしまいました。
(といっても2週間かかりましたが。)
まず作者の角田光代さんの作品ははじめて読みました。
そして女性作家の小説もはじめてですね。
音楽やってても思うのですが、何かを生み出す様なものの場合、
(例えば作曲とか、絵を書くとか、小説とか、)
男女の性質が逆転するような傾向にある気がします。
男性の方が繊細で奇麗で線の細い感じ。
女性の方が力強く大胆に客観的で現実的。
角田光代さんの小説はまさに大胆で力強く、客観的で、現実味がある。
そんな印象を受けました。

物語は二人の女性の視点で2章に分けられている。

第一章は、不倫相手の子供を身ごもるが中絶手術をしたために
子供を産めない体になってしまう女性、希和子。
その後、不倫相手の男性はと妻との間に女の子が生まれる。
希和子は自分は子供を産めない体にした男の赤ん坊を誘拐。
その赤ん坊を「薫」名付け、自分の子供の様にかわいがり育てる。
赤ん坊をつれて3年半、逃げて逃げてとうとう瀬戸内の小豆島にたどり着く。

第二章は薫が誘拐犯を本当の母親だと信じて3歳まで過ごし、
本当の家族のもとに戻るがいざ戻ってみると上手く行かない。
友人ともうまく溶け込めない、心を閉ざしたまま20歳まで過ごしてしまう。
その薫が身ごもった相手は妻のいる男。気がついてみると自分を誘拐した
希和子と同じ状況にある。

この物語の面白いところは誘拐犯と人質のような構図であるはずの二人が
実は逃亡中に訪れたある島での出来事を心の中で拠り所にしていて。
忌まわしい記憶だと思っていたその記憶の中にこそ自分の求めていた
心の安らぎがあると気づく。
物語が進むにつれて二人が時を経てかつて逃亡した場所へ近づく。

蝉は生まれてから幼虫として土の中で七年間も眠り続け、
成虫になって外に出てきてからたった七日で死んでしまう。
仲間たちが7日で死んでしまった中たった一匹、八日目まで生き残った蝉。
その孤独な蝉は一体何を見たのだろうか。
それは美しいのだろうか、それとも辛く寂しいものなのだろうか?

本当の家族と過ごすはずだった時間や、普通の女の子としての
普通の思い出や友達、愛する人との間に子供を授かり一緒に育てて行く
幸せな時間。
二人は過去の逃亡生活が終わって気がついてみると、
本当にたくさんのものを失っている事に気づく。
しかし彼女ら二人(八日目の蝉たち)が最後に見たものは
確かに希望だったと私は思いました。

最後のページを読みおえて、
決して幸せな終わりとは言えないけどとても清々しく
美しいものを見たような気がした。

心に残る一冊。
[PR]
by rollins82 | 2011-05-13 03:06 | Comments(0)

お気に入りCD

こんばんわ!!
ジェントルです!!
今宵は私のお気に入りのジャズCDたちを紹介します!!!
d0192284_3365756.jpg

まず一番手前から!!
★DukeEllington&hisOchestra
ジャズ好きにはたまらない!!
名曲ぞろいの超名盤です。
お気に入りはChelseeBridgeかなー。

むかって左側のイラストのCDは
★TheloniousMonk quartet with John Coltrane@carnegie hall
これもジャズ好きには欠かせない!!
モンクとコルトレーンのバンドのCDはバンドは良かったものの
レコーディングの機会に恵まれずあまり残っていません!!
そのなかでもこのCDはいちばん盛り上がった瞬間をとらえたライブバージョン!!
モンクの名曲、知性と勢いが同居した素晴らしい名盤!!

そして!!
★King of tenor
我らがテナーの神様Ben Webster〜!!
歌心あふれるメロディ、はち切れんばかりのテナーサウンド!!
テナーサックスを聞くならこれしかない!!
[PR]
by rollins82 | 2011-05-09 03:48 | JAZZ名盤のご紹介 | Comments(0)

Newバンド立ち上げ!!

今晩は!!ジェントル山本です!

毎月、演奏させてもらっているお店
マッカーサーギャレッジであらたなバンドを立ち上げ計画中です!!
バンドのコンセプトはルーツオブジャズ!!
最近私は、ジャズでも1930年くらいの古き良きアメリカの音楽が好きで
デュークエリントンとかレスターヤング、ベンウェブスター、
グレンミラー、カウントベイシー、
そしてベニーグッドマン
をよく聞いています。
ジャズのルーツですね。

アメリカが世界を相手に戦争していた時代
黒人たちもまた自由を求めて戦っていた。
そんななか人々の楽しみはジャズを聞き
自由を感じ
ジャズを聴いて踊る事が何よりの楽しみだった時代!
スイングとは音楽を楽しむ事!


そんな音楽を演奏して行くバンドにしたいね!
今から楽しみです!!

★5月6日(金曜日)
本厚木マッカーサーギャレッジ
20:00スタート
MC¥500
Gentle山本ts、ss
綿谷祥スライダーマンtb
本郷修史pf
間亮介wb
蓑宮俊介ds


皆さん聞きにきてください!!
[PR]
by rollins82 | 2011-05-03 03:52 | Comments(0)


Gentle山本がジャズサックスのレッスンやライブ情報、初心者の方への楽器の練習方法など有益な情報を提供していきたいと思います!横浜、神奈川でサックスレッスンをお探しの方も必見です!


by Gentle山本

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
On line Sax Lesson
講師Gentle山本プロフィール
Lesson料金&場所について
楽器について
JAZZについて
JAZZ名盤のご紹介
サックスアンサンブルについて
Youtube動画リンク集

フォロー中のブログ

記事ランキング

最新の記事

【横浜 Jazz Live】..
at 2017-08-07 19:16
ジャズサックス初心者のための..
at 2017-08-02 22:53
【Youtubeチャンネル登..
at 2017-07-16 16:52
オススメ▶【5/7 Jazz..
at 2017-04-17 17:11
【アドリブへの道】サックス初..
at 2017-02-25 18:49
【サックス /アドリブ】ジャ..
at 2017-02-06 16:54
【Jazz Live × D..
at 2017-01-27 00:35
【Autumn leaves..
at 2017-01-24 20:01
【Jazz Session】..
at 2017-01-23 16:14
【サックスアンブシュア】サッ..
at 2017-01-22 22:18

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月